ECサイトを業務効率化できるツールとは?

公開日:2023/07/27 最終更新日:2024/02/01
ECサイト

いま日本では、近年のコロナ禍も相まって、便利で手軽に取引ができるECサイトの市場は大きく伸長しており、今後も拡大していく見込みです。非常に便利なECサイトですが、管理者にとっては作業量も多く、業務を効率化できるツールの必要性も求められています。今回は、ECサイトの業務を効率よく改善できるツールについて、解説します。

業務効率化を図りたい方必見!おすすめの受注管理システムはこちら!

ECサイト運用における課題

ECサイトを運用する上で、さまざまな業務上の課題に直面することがあります。これらの課題を適切に克服することは、サイトの成長と成功に欠かせない要素です。ここでは、代表的な課題をいくつか取り上げます。

商品登録

商品の詳細や画像の登録など、ECサイトでは欠かせない作業も、人的コストがかかる業務です。

商品を登録するには、画像を用意し、商品を魅力的に伝えるためのキャッチコピーを考えて記入し、金額や送料を設定するなど、1品の商品を登録するだけでも多くのプロセスと時間がかかります。

取り扱い商品が多くなるほど、登録作業に追われて、業務全体を円滑に回せなくなる恐れがあります。

在庫管理と受発注

登録済みの商品の在庫管理受発注の管理も重要な業務です。適切な在庫量を確保し、注文をミスなく確認、納期までの発送業務は、細心の注意が必要となります。もし失敗してしまうと業績にも影響する問題です。

これらの作業も、サイトの拡大につれて注文数が多くなれば、ミスを起こす可能性も比例して高くなります。人間にミスはつきものなので、完璧な対策が必要な業務といえるでしょう。

発送業務

製品を届けるまでの最後の業務といえる発送業務ですが、当然ながら発送先を間違えることはあってはなりません。また梱包方法も現在は多様化しており、梱包の状態でECサイト全体が評価される傾向にあります。

丁寧な梱包と確実な発送業務が求められますが、規模の拡大を目指しつつミスなく業務を行うためには、人手が不足しがちな業務といえます。

ECサイト運用の効率化を助けるツール

ECサイトを運用する際の課題を解決するツールや、全体の売上を上げるためのサポートツールは、多くの会社からリリースされています。

とくに、他店舗でのECサイト運営を行っている場合はツールの活用によって、効率のよい業務改善が期待できます。業務のすべてを効率化することは難しいかもしれませんが、業務プロセスをひとつでも簡略化できれば、全体の仕事量の負担が減り、ECサイト全体にもよい影響を与えられることでしょう。

在庫を管理する、一元管理ツール

ECサイト単独のみの運営であればシンプルな作業になりますが、ECサイトを多数運営していると、在庫管理は複雑となります。

一元管理ツールを使えば、在庫管理を一元化することで、各ECサイトの在庫量を把握し、効率を上げることができます。もし商品が欠品した際は、各ECサイトすべてに情報更新が必要ですが、一元管理システムを使えば一括で更新が可能です。

受発注を管理する、仕入管理ツール

仕入管理ツールを使えば、発注もれや計上もれを防ぐために、仕入先から届いた商品を発注データと照らし合わせて、検品や仕訳入力などの業務を自動化してくれるツールです。在庫を適正に管理することで、ミスを防いで過剰在庫を防ぐことができます。

売上を上げるためのツール

売上を上げるためには自己分析が必要です。分析ツールを導入することで、売上を上げるための対策が取りやすくなるので、積極的に活用するとよいでしょう。

ユーザーのアクセス解析やヒートアップ解析、コンバージョンの間接効果測定など、すべて手軽に利用できる分析ツールがあるので活用することをおすすめします。

また、Web接客ツールと呼ばれる、特定のユーザーへクーポンを配り、チャットボットを表示するなど、適切な販促方法を行うAIツールも存在するので、売上を上げるためには、これらのツール活用が肝といえるでしょう。

ECサイト運用にツールを導入する際の注意点

ECサイトの効率化を図るために、ツール導入を検討する際には、慎重な判断が求められます。

ツールは適切に活用すれば、業務の効率向上や収益の増加に繋がる可能性がありますが、あらかじめ注意しておくべき点があります。ここでは、ツール導入に際して留意すべきポイントをいくつかご紹介しましょう。

自身の目的を明確にする

ただやみくもにさまざまなツールを導入しても、コストだけがかかり意味がありません。

まずは自身の目的を明確にし、現状課題を分析することです。目的や課題を解決するために必要なツールをまずは導入するとよいでしょう。

予算を決めておく

システムやツールは無料なものもありますが、なかには有料なものもあります。コストに見合うツールなのかどうかの判断も必要です。

課題とコストを天秤にかけて、本当に必要なツールでなければ見送るなど、柔軟に判断することをおすすめします。

使いやすいかどうか

ツールを導入しても使いにくいものであれば、かえって業務に支障をきたします。次第に使わなくなる恐れもあるので、操作性を事前に確認しておくことをおすすめします。

また、ツールへの問い合わせを行いたい場合、カスタマーサポートを利用することもあるでしょう。サポート体制が悪いと、業務がストップする恐れもあるので、ECサイト運営を円滑に進めるためにも、サポートへの方法やレスポンスにかかった時間なども事前に確認しておくことをおすすめします。

まとめ

今回は、ECサイトを業務効率化できるツールと、注意点について解説しました。ECサイトを運営するには、さまざまな業務があり、それに伴う課題もついて回ります。課題を解決するために、在庫や受発注を管理できるツールや、売上を上げるための分析ツールなども、世の中には数多く出回っていますが、導入する際には注意するポイントも多々あります。作業量や課題を解決するために、本当に必要なものかどうかを見極めた上で、ツールを活用していくとよいでしょう。

おすすめの
受注管理システム比較一覧

イメージ
サービス名
コマースロボ/株式会社コマースロボティクスLOGILESS(ロジレス)/株式会社ロジレスTEMPOSTAR(テンポスター)/SAVAWAY株式会社CROSS MALL(クロスモール)/ 株式会社アイルネクストエンジン(NEXT ENGINE)/NE株式会社ロジザードZERO/ロジザード株式会社COOOLa(クーラ)/株式会社ブライセン
特徴EC運営を自動化する「コマースロボ」を提供。さまざまな課題を解決する。一体型システムで受注から出荷まで。多くのプラットフォームに対応できる。ネットショップの運営を連携、自動化、効率化できる一元管理システムを提供商品登録、受注管理、在庫管理、仕入れを一元管理できる機能が標準装備豊富な機能で無駄を省きながらEC運営ができる受注管理システムシステムやIT機器が苦手な企業でも、すぐに解決してくれる倉庫管理システム物流・倉庫業務の生産性を重視し、高品質で使いやすい倉庫管理システム
公式サイト公式サイトを見る公式サイトを見る公式サイトを見る公式サイトを見る公式サイトを見る公式サイトを見る公式サイトを見る
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら