WMS(倉庫管理システム)とは?どんなメリットがあるのか解説

公開日:2023/07/27 最終更新日:2024/02/01
WMS

WMS(倉庫管理システム)は、倉庫内の在庫管理や出納を把握してくれるシステムです。これまで人がやっていたときは、時間も労力もたくさん必要でした。WMSを導入することで、作業効率がアップされ、ミスが減らせます。お客さんにも一定のサービスを届けられるので、品質の安定にもつながることがわかりました。

業務効率化を図りたい方必見!おすすめの受注管理システムはこちら!

正確性とスピードアップを実現するWMS(倉庫管理システム)とは?

WMSは、倉庫管理システムと言われるシステムです。

倉庫にある在庫を正確に把握するためのツールで、流通やECサイトでの表示、商品の入荷に関わります。主な役割は、在庫の個数を把握する、入荷出荷による個数の変動を把握することです。

倉庫管理システム

WMS(倉庫管理システム)は、倉庫の中にある商品の種類や個数を把握し、管理を簡略化するシステムです。物流の作業効率を飛躍的に上げる目的で作られたシステムで、さまざまな企業に導入されています。

近年では、ECサイトでのショッピングが一般的になりました。ECサイトのみで営業している企業でも、在庫を管理する場所は必要です。服や雑貨など多くの商品を扱う場合は、広い場所と正確な在庫管理が欠かせません。

ひとりでも多くのお客さんに早く商品を届けるためにも、倉庫管理システムを利用して常に正確にしておくことが大切なのです。

WMSの主な役割

WMSの主な役割は、在庫の把握と入荷出荷の出納を把握することです。大手の通販サイトのように、在庫を種類・個数ともに多く抱えている場合は、私たちだけで完全に把握することが難しいです。

さらに入荷したもの、売れて出荷されたものをリアルタイムで管理することも至難の業です。WMSはこれらをシステム化し、常に把握してくれます。

人の手では長時間かかってしまう作業ですが、コンピューターならば即時作業を行えます。確認したいときに最新の情報を見られるのも嬉しいポイントです。

WMSを導入するメリットを紹介

WMSを導入するメリットを紹介します。メリットは、ミスが減る・作業が簡単になる・一定のレベルが保たれる、の3点です。

作業の質を上げられるメリットばかりなのが特徴で、仕事がしやすくなるので便利です。

ミスが減る

ミスが減ることは最大のメリットです。倉庫管理において、膨大な商品の管理をしていると、ミスが続いてしまうことがあります。似たような商品や、違う商品を管理していることに気づかないケースがあるからです。

さらに、出納を予測して商品を入荷しなければいけないので、統計的に必要な個数を発注しなければいけません。コンピューターではこれらを任せられるので、ミスが減らせます。

作業が簡単になる

パソコンでの作業がメインになるので、作業が簡単にできます。倉庫を歩き回って、高いところまで目を行き届かせるのは、かなり時間も労力もかかります。これだけを1日していると疲労が溜まってしまい、健康にも影響がでてくるかもしれません。

WMSの導入で、作業が簡単になれば、その分違う仕事に手が回せます。従業員の疲労度も違うので、導入すべきシステムだと言えます。

一定のレベルが保たれる

作業をWMSに一任することで、レベルを一定にすることが可能です。人が作業をすると、担当者によってサービスの質に差ができることがあります。個人差があるのは仕方ないですが、求められているのは一定の、安定したレベルです。

システムを導入すると、安定して同じレベルが供給できるので、品質が安定します。

WMSの選定ポイントは?

WMSと言っても、各メーカーがリリースしているシステムによって多少ばらつきがあります。

導入する会社や業種によって、メーカーが得意としているフィールドが違うので、吟味して購入・導入しましょう。

メリットがあるシステムか

最初に確認したいのは、使用したときにメリットがあるかどうかです。周りの企業が導入しているから、クライアントに進められたからと、周りの意見だけを聞いて導入するのは危険です。その会社に合っていても、自分の会社に合っていなければ使いこなせないからです。

導入前に複数のシステムから、自分の会社に合っているシステムを見つけましょう。

セキュリティは守られているか

セキュリティについてはぜひ確認しておきたいポイントです。配送時は、個人名や住所を扱うので、個人情報を保護し適切に保管・削除することが必須です。外部にもれないようにセキュリティがしっかり整えられているかを確認してから使いましょう。

大切なのは、信頼できるソフトかどうかです。口コミやネットでの評判を調べてみると良いでしょう。導入を検討しているソフトと、同じものを使っている同業者に聞いてみるのもよいですね。

サポートは受けられるか

まさかのトラブルが起きた時、遠隔や電話でのサポートが受けられるかを確認しましょう。問い合わせても対応に時間がかかる場合は注意が必要です。

物流は1日でも早くお客さんに商品を届けることが大切なので、システムの故障や不具合はいち早く直さなければなりません。早急に対応してくれる会社であれば、安心してシステムを使えるので、迅速で手厚いサポートが受けられるかは確認してから導入しましょう。

まとめ

WMS(倉庫管理システム)は、倉庫の中にある商品の在庫や、入荷出荷の個数管理をしてくれるシステムです。人がやると、時間と労力がかかり、ひとりでは対処できません。ミスも発生しやすいので、気をつけて作業を行う必要があります。ここをシステム化することによって、作業効率が飛躍的に向上します。リアルタイムで在庫が管理でき、入荷した、売れて出荷したなどの情報も把握可能です。導入の際は、自社にメリットがあり、使いやすいソフトかを確かめましょう。使いやすさやセキュリティ、サポート環境も確認しておくべきポイントです。

おすすめの
受注管理システム比較一覧

イメージ
サービス名
コマースロボ/株式会社コマースロボティクスLOGILESS(ロジレス)/株式会社ロジレスTEMPOSTAR(テンポスター)/SAVAWAY株式会社CROSS MALL(クロスモール)/ 株式会社アイルネクストエンジン(NEXT ENGINE)/NE株式会社ロジザードZERO/ロジザード株式会社COOOLa(クーラ)/株式会社ブライセン
特徴EC運営を自動化する「コマースロボ」を提供。さまざまな課題を解決する。一体型システムで受注から出荷まで。多くのプラットフォームに対応できる。ネットショップの運営を連携、自動化、効率化できる一元管理システムを提供商品登録、受注管理、在庫管理、仕入れを一元管理できる機能が標準装備豊富な機能で無駄を省きながらEC運営ができる受注管理システムシステムやIT機器が苦手な企業でも、すぐに解決してくれる倉庫管理システム物流・倉庫業務の生産性を重視し、高品質で使いやすい倉庫管理システム
公式サイト公式サイトを見る公式サイトを見る公式サイトを見る公式サイトを見る公式サイトを見る公式サイトを見る公式サイトを見る
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら