OMS(受注管理システム)とは? どんなメリットがあるのか解説

公開日:2023/07/27
OMS

近年、コロナ禍の影響もあり、ECサイトでの商品購入が一般化されています。そこで、物販業界ではECサイトの受注管理システム、OMSが注目されています。OMSは、売上アップのためにとても重要なシステムです。ここでは、OMSの特徴や導入のメリットについて解説しています。ECサイトの売上を盛り上げたい企業は必見です。

OMS(受注管理システム)とは?

ECサイトの業務管理を、一括にまとめているシステムをOMSと呼びます。具体的には商品の注文・在庫・出荷・ユーザー情報など、あらゆる状況を確認することが可能です。

どのようなシーンに必要か

例えば、アマゾンや楽天など複数のECサイトに出店をしている場合、OMSにより在庫数は1か所で確認が可能です。各サイトに確認する必要はありません。

また、在庫がわずかな場合も受注に気を配れるので、在庫0状態で受注するトラブルを防ぎます。手間がかからず、確かな情報共有はスムーズに商品販売をするためにかかせません。

自社サイトや実店舗との共有

他社のECサイトと自社のECサイト、両方を販促ツールにしている場合も情報共有が可能です。なかには、実店舗の情報を含めることも出来ます。

店舗に在庫がない場合でもOMSを確認することで、ほかの販促ツールで提案が可能です。消費者満足のためにとても役立ちます。

OMSが必要な背景

これまで、商品の販売は店舗でおこなうことが一般的とされていました。そのため、店舗内もしくは自社内での情報共有があれば、問題なく業務が進みます。

しかし、近年はECサイトでの商品販売が一般化し、業務の工夫が必要な時代です。消費者が購入する場所が増えた分、各ECサイトでの売り逃しをなくさなければなりません。そこで必要とされるのがOMSになります。

システム導入のしやすさ

在庫やユーザーの情報管理など、物販業界では各社既存のシステムを使用していることが多くあります。それらのシステムをECサイトに適応するよう、1から作りなおすには相当な時間が必要です。

しかし、OMSの場合は素早く導入可能で、既存のシステムと連携しながらも、別で稼働します。ECサイトへ複数出店する場合は導入を検討してみましょう。

消費者を逃さないために

商品の購入方法が広がる現在、どのECサイトに在庫を置くべきか慎重にならなければなりません。

OMSのユーザーの情報で動向を分析しながら、売れるECサイトの在庫を増やすことで売上促進を狙えます。消費者の目線に合わせるためにOMSは必要なシステムです。

OMS導入のメリットを紹介

ここでは具体的なOMSのメリットを解説します。これからの時代に価値のあるものばかりなので、ぜひ理解していきましょう。

作業効率アップ

販売するECサイトが複数ある場合、それぞれに商品登録操作などが必要になります。同じ作業を数回繰り返すことになるので、効率の悪さが問題になるでしょう。

しかし、OMSの使用により全ての情報が一括管理されます。商品登録作業が1回で済むので、手間がかかりません。

また、出荷情報から自動的に領収書の発行や請求書作成も出来るので、確認作業がなくなることもメリットです。空いた時間を有意義に使い、より良い販売戦略に貢献出来るでしょう。

ミスやトラブルの回避

複数のECサイトを別々に取り扱う場合、登録ミスが起きる可能性があります。例えば、同じ商品情報でも、ECサイトによって特徴やカラー展開などが異なって表示されることが考えられます。その場合、ユーザーを混乱させかねません。

時には、トラブルに発展することもあるでしょう。登録は人の手によって行われるので、別々の取り扱いにはリスクが発生します。

しかし、OMSは一括扱いになるので、全ECサイトへ正しい情報入力が可能です。消費者を不安にさせないために、とても重要性があるシステムです。

経費削減

作業効率が上がることで、人員を減らすことが可能です。そこから、人員不足の部署を補うことも期待出来るでしょう。

企業全体の人員バランスを整えることに、とても役立ちます。人件費は利益コントロールに大きく影響するので、OMSの導入は長期的に見るとメリットです。

ユーザー分析力のアップ

複数のECサイトのユーザーの情報を一括管理するため、ユーザー動向を分析しやすくなります。例えば、ECサイトをまたいで購買していることなどもリサーチ可能です。

どこのECサイトで、どのような商品を取り扱うべきか、在庫状況をどうコントロールすべきかなど、細やかな分析に使用出来ます。

販売ロスを軽減する

複数のECサイトをバラバラに在庫管理する場合、在庫0のECサイトもあれば、在庫がたくさん残っているECサイトも存在するでしょう。その場合、在庫0のECサイトにアクセスした消費者に売り逃しが発生してしまいます。

OMSを導入することで、各ECサイトの在庫確認がしやすくなるため、在庫0になるまえに対処が可能です。販売ロスを防ぎ、消費者の満足度も高まります。

まとめ

近年さまざまなECサイトが存在し、いつでも買えることがショッピングの楽しさともいえます。その代わり、競合他社との差別化が難しくなっていくでしょう。受注管理システムは、企業の効率化を目指すことはもちろん、その先の消費者から選ばれることを実現させます。ECサイトはコミュニケーションがとれないからこそ、利便性や欲しい商品がきちんとそろっていることが重要です。ぜひ、OMSを導入して支持される企業に成長させましょう。

おすすめの
受注管理システム比較一覧

イメージ
サービス名
コマースロボ/株式会社コマースロボティクスLOGILESS(ロジレス)/株式会社ロジレスTEMPOSTAR(テンポスター)/SAVAWAY株式会社CROSS MALL(クロスモール)/ 株式会社アイルネクストエンジン(NEXT ENGINE)/NE株式会社ロジザードZERO/ロジザード株式会社COOOLa(クーラ)/株式会社ブライセン
特徴EC運営を自動化する「コマースロボ」を提供。さまざまな課題を解決する。一体型システムで受注から出荷まで。多くのプラットフォームに対応できる。ネットショップの運営を連携、自動化、効率化できる一元管理システムを提供商品登録、受注管理、在庫管理、仕入れを一元管理できる機能が標準装備豊富な機能で無駄を省きながらEC運営ができる受注管理システムシステムやIT機器が苦手な企業でも、すぐに解決してくれる倉庫管理システム物流・倉庫業務の生産性を重視し、高品質で使いやすい倉庫管理システム
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら